〒790-0067 愛媛県松山市大手町1-8-4

   info@michida-dc.com

 

HOME医師・スタッフ紹介医院案内矯正歯科料金サイトマップ

愛媛県 松山市 矯正歯科 小児歯科 矯正歯科治療 歯列矯正 診療 みちだ矯正小児歯科

Contents
  • 初めての方へ
  • 専門医とは?
  • 矯正治療について
  • 子供の矯正
  • 大人の矯正
  • 小児歯科について
  • 予防歯科

 
 

〒790-0067
愛媛県松山市大手町1-8-4

089-921-4500 089-921-4509

矯正治療について

トップページ»  矯正治療について
当医院の矯正治療について

どんな歯並びでも治療は可能です。
ただ、一人一人の状態によって治療法は異なります。そのため、資料をしっかり取らせていただき
個々の治療法の検討をし、患者様の納得のいく治療計画を作成します。
 

矯正治療の流れ


  相談


・歯並びの気になる部分について伺い、矯正治療の概要についてご説明致します。






  検査

・顔や口の中の写真・骨格や歯のレントゲン写真・歯型などをとります。

  診断

・検査資料をもとにしっかりと検討した上で、適切な治療法を提示し、
治療計画を分かりやすくお伝えします。

  TBI


・装置をつける前か後に、歯科衛生士による歯磨き指導をさせて頂いています。
 




2


3
 
矯正治療
開始

・口の中が矯正治療できるような状態になったら、矯正装置をつけて治療を始めていきます。ただ、年齢によってはすぐ治療を始めないで適切な治療時期まで待つこともあります。
 

  矯正治療

・矯正治療は概ね2年~3年程度かかります。小学生の治療や大人の方でも部分的な治療の場合は1年以内で終了することもあります。
 

 
  治療終了

・矯正治療が終了すれば矯正装置を外します。
矯正装置を外した後は保定装置を使用していただきますが、矯正装置と違い取り外しができ、夜間のみの使用となるなど、大きな負担にはならないと思います。




4


6
  保定開始
  保定終了

・保定期間は長い方が良いと言われていますが、目安として、保定装置を矯正治療期間より少し長い(2年~4年ぐらい)使用していただいて保定は終了になります。

 



  定期観察

・その後は、いつまでも美しい健康なお口でいられるよう、3か月~6か月おきに定期的な観察(保定装置のチェック等)に通院していただき、歯科衛生士によるトリートメントケア(PMTC)を受けていただくことをお勧めしています。

 

pagetop

幼稚園児(乳歯列期3~6才)

顎が成長によって変形しないよう、比較的簡単な装置で短期間に治します。

幼稚園児(乳歯列期3~6才)
うけ口(乳歯反対咬合)
早めの治療によって、バランスのとれた顎の成長を促します。
治療前
うけ口(乳歯反対咬合) 治療前   うけ口(乳歯反対咬合) 治療前   うけ口(乳歯反対咬合) 治療前
治療後
うけ口(乳歯反対咬合) 治療後   うけ口(乳歯反対咬合) 治療後   うけ口(乳歯反対咬合) 治療後
 
顎のずれ(乳歯交叉咬合)
このタイプは、特に早期(4才前後)の治療をお勧めします。
治療前
顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療前   顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療前   顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療前
治療後
顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療後   顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療後   顎のずれ(乳歯交叉咬合) 治療後
 
出っ歯(上顎前突-指しゃぶり)
指しゃぶりの本を読ませてあげるだけで治る場合もあります。
pagetop

小学校低学年(混合歯列前期7~9才)

舌のくせ(開咬合)
訓練(MFT)のみで改善できる可能性があります。
舌のくせ(開咬合) 訓練前   舌のくせ(開咬合) 訓練中   舌のくせ(開咬合) 訓練後
訓練前   訓練中   訓練後
 
乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合)
顎に比べて歯が大きいことだけが原因である場合は、永久歯に生え変わるまで待つことが多いです。
歯茎を傷つけているような場合には、この時期に部分的に矯正して治すこともあります。
治療前
乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療前   乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療前   乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療前
治療後
乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療後   乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療後   乱ぐい歯(叢生・外傷性咬合) 治療後
 
うけ口(反対咬合・非抜歯)
比較的短期に簡単に治る場合(歯性)から、大人になる頃の二期治療が必要な場合(骨格性)までありますが、症状を悪化させないためにも早期治療がお勧めです。
うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療前 うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療後
治療前   治療後  
 
治療前
うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療前   うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療前   うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療前
治療後
うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療後   うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療後   うけ口(反対咬合・非抜歯) 治療後
pagetop

小学校高学年(混合歯列後期10~12才)

出っ歯(上顎前突・非抜歯)
この時期に顎のずれを治すために上顎を拡大したり、成長を抑えたり、下顎の成長を促したりする前期治療を行います。 非抜歯で矯正できる可能性が高まります。
治療前
出っ歯(上顎前突・非抜歯) 治療前   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 治療前   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 治療前
前期治療後
出っ歯(上顎前突・非抜歯) 前期治療後   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 前期治療後   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 前期治療後
 
後期治療後
出っ歯(上顎前突・非抜歯) 後期治療後   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 後期治療後   出っ歯(上顎前突・非抜歯) 後期治療後
 
開咬合
治療前
開咬合 治療前   開咬合 治療前   開咬合 治療前
治療後
開咬合 治療後   開咬合 治療後   開咬合 治療後
 
深い咬み合わせ(過蓋咬合)
上下的な顎の関係を改善して、咬み合わせを良くします。
治療前
深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療前   深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療前   深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療前
治療後
深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療後   深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療後   深い咬み合わせ(過蓋咬合) 治療後
pagetop

中学生(永久歯列期13~15才)

早い場合は、この時期からマルチブラケット装置を付けて治して行きます。また、第二大臼歯が生えるまで観察する場合もあります。
金属アレルギーがある場合でも、矯正歯科治療は可能です。部活(吹奏楽、サッカーなど)と平行しての矯正歯科治療も可能です。
ブラケットにもいろいろな種類がありますので、ご希望や症例に応じて必要なものをご提案します。

中学生(永久歯列期13~15才)
反対咬合(抜歯)
治療前
反対咬合(抜歯) 治療前   反対咬合(抜歯) 治療前   反対咬合(抜歯) 治療前
治療後
反対咬合(抜歯) 治療後   反対咬合(抜歯) 治療後   反対咬合(抜歯) 治療後
 
上下顎前突
上下顎前突 治療前 上下顎前突 治療後
治療前   治療後  
 
治療前
上下顎前突 治療前   上下顎前突 治療前   上下顎前突 治療前
治療後
上下顎前突 治療後   上下顎前突 治療後   上下顎前突 治療後
pagetop

高校生・大人(永久歯列・顎の成長終了)

出っ歯(上顎前突・抜歯)
この時期では、抜歯しないと治らないケースが多くなります。
出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療前 出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療後
治療前   治療後  
 
治療前
出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療前   出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療前   出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療前
治療後
出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療後   出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療後   出っ歯(上顎前突・抜歯) 治療後
 
乱ぐい歯(叢生)
拡大して歯を抜かないで治せる場合と、永久歯を4本くらい抜かないと治らない場合があります。
治療前
乱ぐい歯(叢生) 治療前   乱ぐい歯(叢生) 治療前   乱ぐい歯(叢生) 治療前
治療後
乱ぐい歯(叢生) 治療後   乱ぐい歯(叢生) 治療後   乱ぐい歯(叢生) 治療後
 
pagetop

抜歯・非抜歯について

 患者さんが「できれば歯を抜きたくない」と思うのは普通の感覚です。我々、矯正医もできれば抜歯をしないで治してあげたいと思っています。ただ、歯並びや咬み合わせを治していくためにはどうしても歯を移動するためのスペースが必要になります。スペースを作るには抜歯・非抜歯のどちらかの対応しかありません。どちらが良いということではなくそれぞれメリット・デメリットがあります。非抜歯の場合は前歯を内側に移動できないため口元の改善ができなかったり、外側に広げすぎれば歯を支えている骨に無理がかかることもあります。抜歯して治療するか抜歯しない(非抜歯)で治療するかは治療期間や治療結果さらには治療後の安定などにも大きく影響しますので、矯正治療を計画する上では大事なポイントです。
 当院では、どちらの対応が良いかを患者さん自身が納得して決めることができるように、十分に時間をかけて丁寧な説明・相談をしていくように心がけています。


保定装置について

 矯正治療で治した歯並びは、治療後何もしないでそのままにしておくと、後戻りがおきてせっかく良くなった歯並びが悪くなってしまいます。そのため治療後2~4年は保定装置(リテーナー)という装置を使用していただきます。最初の一年間は原則毎日使用して頂きますが、その後は一日おきの使用でもかまいません。

高度な矯正治療について

唇顎口蓋裂の矯正治療

 「唇顎口蓋裂(しんがくこうがいれつ)」という名前をご存知でしょうか?これは通常であればくっついていなければならない上唇や上顎が離れている状態で産まれてくる先天性異常のことを言います。500人に1人の割合で産まれてくると言われています。哺乳や授乳の問題、言葉の問題のほか不正咬合による咀しゃく障害など対応には多くの専門医療スタッフによる連携治療が必要とされます。私たちが担当する歯並びや咬み合わせの矯正治療でも、一般の不正咬合の方の治療と比べると困難が伴いますが、近年の治療技術の進歩によりかなりの改善が可能になってきました。

 またこの治療は指定自立支援医療(育成・厚生医療)機関の認定を受けている矯正歯科専門診療所に限って保険治療が可能ですが当院は認定を受けているため保険治療が可能です。また健康保険の自己負担分のうち自己負担限度額を超える分については国や地方自治体からの補助が受けられます。

外科的矯正治療

 上顎、下顎、あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常により顔面の変形と咬み合わせの異常を起こしている状態を顎変形症といいます。下記のように症状はさまざまで軽度のものなら矯正治療のみで改善できる場合もありますが、中等度から重度となると矯正治療だけでは改善ができない場合があります。そのような場合は矯正治療と顎矯正手術(顎の骨を移動する手術)を併用することで改善を図る場合があります。この治療は矯正治療も行なうことで顔貌だけでなく咬み合わせも治していくため美容外科とは異なり外科的矯正治療と呼ばれています。また最近では外科的矯正治療による睡眠時無呼吸障害に対しての改善例も報告されています。手術は全身麻酔下で行ないますが口の中から行なうため顔に傷が残るようなことはありません。

 この治療は顎機能診断施設の医療認定を受けている矯正歯科専門診療所に限って保険治療が可能ですが、当院は顎機能診断施設の認定医療機関になっていますので保険治療が可能です。


pagetop